医療認定資格について(放射線技師)

日本診療放射線技師会では、4つの資格について認定しています。認定資格は、医療技術の進歩や最新の知識や技能を身に着ける必要があるため、5年毎の更新制度を採用しています。放射線機器管理士とは、施設における放射線関連機器の特性を理解し、その安全かつ適切な利用のために性能維持と安全確保を行います。良質かつ安全な医療の影響ができることを目的として作られました。放射線管理士とは、施設にて放射線の安全管理や被曝の低減に努めるとともに、緊急被爆医療へ対応できる知識と技術を身に着け、国民の安全確保に努めることを目的としています。医療画像情報精度管理士とは、画像情報の運用管理に関する知識を取得し、より良い画像情報を提供するため画像情報の適切や利用、管理を行うことを目的としています。臨床実習指導教員とは、診療放射線技師を目指す学生の指導のみならず、施設にて放射線技術の教育指導を効果的に行うための指導者としての知識を習得し、臨床実習の効果的な実施と資質向上を図ることを目的としています。すべて取得には、e-learningによる在宅講習を受講し、認定試験に合格する必要があります。

Copyright© 医療 認定資格 All Rights Reserved.

医療認定資格について(放射線技師)