日本の医療における認定資格

医療の現場において資格というものは非常に重要です。もちろん、治療を行う医師は国家資格が必要ですし、他にも看護師や理学療法士など様々な国家資格が存在します。しかし、医療の現場においての資格は国家資格だけでなく、認定資格と言う物も存在します。都道府県認定資格として、准看護師や臨床心理士、ホームヘルパーやケアマネージャーなどがそれにあたります。この様に、様々な資格を持った人が医療の現場では活躍しています。いわゆる国家資格を持った人達だけでは現在の医療現場を支える事は不可能になっていて、認定資格者や様々な人の支えがあって日本の病院は成り立っていると言えます。今後こういったしょくしゅが拡大すると言われています。

Copyright© 医療 認定資格 All Rights Reserved.

日本の医療における認定資格